• ムンク展2018

    ムンク展行ってきた やっぱ叫びは見とかなくちゃね。 最前列で叫びを見るには列に並ぶ必要がある。でも立ち止まれないので2、3分で正面に着く。 様々な作品見て思ったのは、かなり印象派画家の影響受けてるなあってこと。ゴーギャンっぽいのとかセザンヌっぽいのとかゴッホっぽい画風の作品があった気がする。星月夜は幻想的で美しかったなあ。 あと太陽と水面に映る長い反射光が印象に残ってゐる。

  • ポーラ美術館 〜印象派からエコール・ド・パリまで〜

    まず最初はコロー、ブーダン、クールベと始まり、続いてモネやピサロ、ルノワール、シスレーの作品がいくつか。特にシスレーは以前シスレー展での自然の風景画がメインだったのに対し、今展では鉄道などの近代的なものも描かれていたのが印象的。やはり印象派好きにはたまらない展示でした。  さらにゴッホにゴーギャン、ユトリロ、レオナール・フジタなど豪華な面々の作品が楽しめます。シャガールのようなキュビスム的な絵画の良さはいまだに分かりませんが・・・w