• 小さな住宅から圧倒的ランドスケープデザインへ

    時系列が前後してしまうが、旅の思い出。 安藤忠雄展。 作品の規模が、小さな1軒の住宅から段々とランドスケープデザインの領域になり、展示室内に摩天楼が出現するわで模型が凄い事に。 そんな中、海外での講義で通訳を務めている方を交えたギャラリートークまで始まったもんだから、混雑っぷりが半端じゃなかった。 人の流れの滞留もあり、1つ1つをじっくり観るという訳にもいかず。 人波から逃れるように屋外展示へ。 大阪茨木の「光の教会」が、乃木坂に出現! コンクリート打ちっ放しの冷たい感触の中に、温かな光の十字架。 本展唯一の撮影可能エリアだった。 せめて自宅でゆっくり観たいと思い購入した図録集は、本人が描いた直筆のサイン&代表的な作品のスケッチ付きで、なんと1980円!! リーズナブル過ぎるぞ、いいのか?(^^;

  • 国立西洋美術館~ル・コルビュジエと無限成長美術館~

    祝!世界遺産!国立西洋美術館♪ 世界遺産に登録されて、久しぶりの常設を観に行ったら、ちょうど「ル・コルビュジエと無限成長美術館」の企画がやっていて、こちらも観てきました♪ 夏休みということで、こちらも娘を連れて観に行きました♪ 娘は、印象派のモネゾーンが好きで幸せだったみたい♪ 改めて、充実の作品、名画盛り沢山、そして美術館自体の贅沢な空間♪ 特にロダン作品に囲まれてソファに座りながら中庭を見れる所が変わらず大好きですね~♪幸せ時間でした♪ そして、「ル・コルビュジエと無限成長美術館~その理念を知ろう~」 ル・コルビュジエの建築に対する考え方、理想、そして、その実現について、映像や写真、模型などでわかりやすく展示してありました。 こちらを知って美術館をまわると、また今まで観ていた常設とは違ってみえて、感動も倍増する現金な私…。 ちょうど世界遺産登録記念スタンプがあってメモ帳にポンッと押してきました♪ 国立西洋美術館、世界遺産登録!ホントおめでとうございます~♪