• 俺たちの国芳 わたしの国貞

    bunkamuraで開催中の国芳・国貞展を観てきました。 水滸伝もいいですが本朝水滸伝といって日本の英雄豪傑を題材にした国芳の絵がありそちらも良かった。虎退治が清正より千年も前にあったとは知りませんでした。そういう伝承や創作には興味をそそられます。 展覧会とコラボしたB'zの松本さんの曲を音声ガイドで聴きながら廻ると気分が盛り上がりますね。

  • 国芳イズム

    練馬区美術館に行ってきました。 アメコミ好きで水滸伝好きな自分には非常に楽しめた展示でした。国芳や暁斎、芳年の他にもいくつかの武者絵があり、悪源太や頼光を題材にした絵がかっこよかった。 それ以外にも山本昇雲、小林永濯といったより洗練された明治期の絵があり、これまた素晴らしい作品群でした。

  • MOA美術館 琳派の美

    熱海のMOA美術館で「琳派の美 光悦・宗達から抱一まで 」を観てきました。まず展示室に着くまでが大変でしたが。長大なエレベーターは黄金聖士の十二宮の如くで。 俵屋宗達は彼自身の作と確定しているものは意外に少ないようで、それでも軍鶏やカラスの絵は見応えありました。 数は少ないですが尾形乾山の絵も味があって、今展に限っては光琳より良かったかな。 他の展示室では琳派以外に小林清親などの絵もあったんですが、今回何よりの収穫は吉田博という風景画家を知ったことです。版画なんですが加工した写真のような何とも言えない良さがあります。とにかく良い。