• 『水俣病の記憶を甦らせてくれた』生誕100年 ユージン・スミス写真展(2017年11月25日~2018年1月28日)

    初めて東京都写真美術館に行きました。場所は恵比寿ガーデンプレイスのそば。再開発された一角を占めます。恵比寿駅からは徒歩10分以内。比較的新しい施設ですので、バリアフリー関係は整っている方だと思います。 今回は、ユージンスミス(Eugene Smith)の写真展に行きました。シルバーデーで、65歳以上が無料なのが背中を押してくれました。会場は、シルバーデーにもかかわらず、混雑はほとんど無くストレス無く鑑賞が出来ました。 さて、私が彼の名前を知っているのは、水俣病の写真を撮り続けた人だったことです。 水俣病はご存じのように、今や温暖化の規制など、環境問題にある意味(最近はそうでもないかも)国際的にも積極性を示している我が国ですが、そもそも環境省(当初は環境庁)なる役所の発足の契機にもなった重大な身体への汚染にからむ病気で、最初の司法判断が出るまでの間をとり続けた写真集の作者の一人です。もう一人は奥さん。 その生涯にわたる作品群の中から、主に作品別にまとめて展示していました。 若い時の作品はともかとして、従軍写真家としての記録写真を撮る頃には劇的に訴求力のある写真家に育って行ったと思います。 彼の写真の手法は、コンピュータ黎明期のSEのようです。かつてSEはその企業の人たちとその企業で仕事をして、その仕事を覚えた上で、コンピュータ化を図っていきました。そうした感じに似ています。水俣もそうですし、彼を有名にしたと説明のあった「カントリー・ドクター」もそうです。これはアメリカの片田舎の町の医者の日常を追ったドキュメンタリー写真(彼はフォトエッセイと呼んでいたらしい)ですが、これもその町に住み長い時間かけてとりためたモノです。助産婦の仕事を追ったときには、その助産婦に私と一緒に仕事をしている人とまで言わしめるような、そうした手法で対象に迫りました。 興味を持ったのは日立です。日立製作所は、彼にパンフレット写真の制作を依頼した経緯があるようです。知りませんでした。日本の巨大企業そしてそこに働く人たちの関係を、雇い主と雇われ人、搾取する側と搾取される側というような単純な企画に当てはめたものでは無い世界を、表現していました。 この展覧会は、玉砕の島サイパンから始まって水俣に至る、ユージンスミスと日本との関係をまとめるという側面をも持った展覧会であったと思います。

  • それぞれの、やんばるへの愛

    沖縄本島北部の総称「やんばる」をテーマにした写真展。 やんばるの森で実際に聴こえるカエルや鳥の鳴き声など、自然のBGMも良かった。 インドア派な私でも、アウトドア気分を味わえた。 観に来て良かった。 6/25(日)まで開催されているので、興味のある方は是非、沖縄県立博物館・美術館まで足をお運び下さい。

  • 岩合光昭 写真展 ~ねこ~

    京王百貨店 聖蹟桜ヶ丘店♪ 可愛い猫達の写真にいっぱい癒されました~♪ なんであんなに自然な猫の姿を写真に撮れるのか!? 自分は犬を飼っていて、何度も写真チャレンジしますがブレまくる~w。もちろん岩合さんはプロだから!ですけど、ホントに「自然な」猫達で、観ていてほんわかしました。 岩合さんの飼い猫、海ちゃんのところはなんだか切なく…。 百貨店の催場なのですが、想像以上のたくさんの写真と、展示の仕方も可愛く見やすく良かったです! グッズもいっぱい!紙に押すとまるで写真みたいな猫顔スタンプ買っちゃいました♪

  • 平和だからこそ。

    「サプール 平和をまとった紳士達」展。 渋谷西武で開催された写真展で展示した写真に加え、都内で撮りおろした写真を加えての巡回展。 東京での撮り下ろしの写真の1枚を観て、セヴランさんの笑顔に、うっかり泣きそうになった。平和だからこそ、とびきりのお洒落が出来るのだ。 サプール達に教えられた事が多い写真展だった。 ※今回の写真展では、全写真が撮影OK!

  • 多様性の国、パプア・ニューギニア

    写真系お友達・杉山宣嗣さんの写真展「部族の肖像」を鑑賞中。 写真の圧倒的なパワーに感動。 BGMも部族っぽくて素敵と思っていたら、現地でiPhone 6で録音したものとの事。 パプア・ニューギニア大使もご来場。 大使は、今回撮影した地区の1つで、セピックという川沿いの地区のご出身との事。 大使のスピーチの中で、とても印象深い言葉があったので、備忘録として残しておこうと思う。 「日本は、1億2千万人という人口だが、言語は1つ。対してパプア・ニューギニアは人口800万人に対して、部族は1200あり、言語は800言語と多様性に富んだ国。この写真展はそのほんの一部に過ぎないが、パプア・ニューギニアという国を知るきっかけになれれば幸いだ」 杉山さんは「現地に行けば、誰でも撮れる写真ですから」と謙遜してらっしゃったけど、んな訳ないない、この空気感や被写体との距離感を素人が表現するのは、絶対無理。 写真は、今回のお土産。 ポストカードと、ちょっと硬めの紙のフライヤー。

  • 岩合光昭写真展「津軽のねこ」

    入場料とか書いてないし、あんまり大きくないんだろうなーとは思ってたんですけど。 まさか外から見える1階の受付前の広場だけで完結してる・全15点とは思いませんでした……。 (見逃しただけで他にもあったんでしょうか?) 「銀座に用事がある時に、面白い展示をやってたら少し覗いてみる」程度のモチベーションで行く方がいいです。これ目当てで行くとガッカリします……。 写真自体は素晴らしかったです。津軽の冷たい空気を感じさせつつも爽やかな青空のなかで、山を背景に遊ぶねことか。りんご箱の上で仰向けになってゴロゴロしているねことか。 普通カメラの前で取ってくれないようなポーズでくつろぐねこたちが大変可愛らしかったです。 でも何分点数が少なかったので、有名な作品揃いと思われ、わざわざ観に行くよりは『ふるさとのねこ』購入した方が早そうです。

  • 岩合光昭写真展「ネコライオン」

    基本的にネコとライオンが同じようなポーズしてる写真が隣同士になるように展示されていて、 「ネコは小さなライオンだ。ライオンは大きなネコだ。」 という岩合さんの言葉が実感できる展示になってました。 ネコのような可愛らしさを覗かせるライオン。ライオンのような野性を感じさせるネコ。 1枚1枚が素敵なのは勿論ですが、並んでる状態で見るとまた別の感想が沸いて出て、面白かったです。 本も出てますので気になった方は是非。(ステマ)

  • 岩合光昭写真展「ねこ」

    見覚えのある写真も多かったけど、どれも岩合さんにしか切り取れない一瞬を捕えた写真ばかり。 素敵でした。 「奇跡のりんご」の家の、雪の中で空を見上げている子が印象に残ってます。