クイックノート投稿

ログイン

ログイン

パスワードを忘れた場合はこちら
アカウントをお持ちでない場合

新規登録

新規登録

すでにアカウントがある場合

Forgot Password


ノート

Sidebar

『日本に福島原発事故博物館は出来るのか?』暗い思い

お断り:人体展などもここで扱える範囲と考え、ここに掲載します。 ウクライナ・モルドバ・ベラルーシ等を周遊する旅行で「ウクライナ国立チェルノブイリ博物館」を訪れました。チェルノブイリの事故を後世に伝えるための博物館です。 この訪問時の日付は、2018年6月9日でした。 最初に訪問日時を書いたのには、訳があります。消防署を改装して博物館が開館したのは、「1992年4月26日」。事故が起きたのは、「1986年4月26日」。福島原発事故が起きた日は、「2011年3月11日」。あれから既に7年が経過しています。 福島原発事故を直視し、二度とこのような事故が起こらないと誓うための博物館が日本に出来ないのでしょう?もちろん1991年のウクライナ独立という体勢の転換を抜きにしては語れないとは思いますが、私はこの博物館を訪れて、その成立年に驚かされると共に、日本の厳しい現状、ある意味では自らが恥ずべき現状に、暗い思いをいたしました。 周遊旅行の限られた時間ではありましたが、所狭しと膨大な資料が並べられた館内展示には、圧倒されるものがありました。 そしてこの博物館のすごさは、日本語のガイディングレシーバーがあること。これは喜んで言っているのではありません。被爆国日本に対しての思いの表現だろうと思っています。また過去に福島展を開催したことに見られるように、この博物館の主張『文明と地球を危機にさらした科学技術と人間との共存はかけがえのないものであるということへの理解を促し、世界がチェルノブイリの教訓を忘れないよう、生活のあらゆる場面で事故の教訓を活かせるよう次世代に警告していきます』をまさに具現化しているとも思いました。 写真最初は入り口。二枚目は、放射能拡散の様子。写真の白い点辺りがチェルノブイリ。ベラルーシとの国境に近い。国境線は写真の白点の直ぐ上をほぼ真横に走る。ベラルーシは上部。チェルノブイリ原発事故の影響はむしろベラルーシに甚大な被害をもたらしたことが分かる。風の影響からだが、この教訓はスピーディーデータの隠蔽と言うことで、福島原発事故では生かされなかったらしい。第三の写真はその隠蔽の姿ともいうべき新聞記事。当時のウクライナの新聞で、事故はオレンジ部分で伝えられた。重大さが伝わってこない。最後の写真は我が国の原爆のコーナー。 なお、チェルノブイリへのツアーも行われているらしい。


ノートを削除しますか?

一度削除すると元に戻すことはできません。