クイックノート投稿

ログイン

ログイン

パスワードを忘れた場合はこちら
アカウントをお持ちでない場合

新規登録

新規登録

すでにアカウントがある場合

Forgot Password


ノート

Sidebar

ポンピドゥー・センター傑作展

東京都美術館にて。 パリのポンピドゥー・センターコレクションを1年1作家1作品で辿る展覧会。1906年から1977年までの芸術世界の変化を時系列で追うことができる。展示作品は絵画にとどまらず、彫刻や写真、映像にまで及ぶ。 有名どころは少ないけど、新しい発見がある展覧会だった。 ジョルジュ・ブラックの「レック湾」はフォーヴィスムの画風で描かれた風景画。よくキュビスムでピカソとともに見ることが多いけど、この画風の作品は初めて見て驚いた。 ジャコメッティの「ヴェネツィアの女V」。美術オークションでいつも超高い値が付くあの彫刻家。初めて見たけど超細いね。頭部は本当に小さい。でもよく見ると女性の表情が少し分かる気がする。 アガムの「ダブル・メタモルフォーゼⅢ」は見る角度によって絵柄が変わる。2次元では表現しきれない。これは実際に何度も自分が動きながら確認する必要がある。 最後のお土産だが、リサとガスパールコラボの限定絵はがきが無性にかわいくて全種類買ってしまった。

logo
石川亜里 さんが しました

お気に入り作品

レック湾
ジョルジュ・ブラック
1907
ヴェネツィアの女V
ジャコメッティ
1956
ダブル・メタモルフォーゼⅢ
アガム
1968-1969
ミューズ
ピカソ
1935
30
カンディンスキー
1937

ノートを削除しますか?

一度削除すると元に戻すことはできません。