クイックノート投稿

ログイン

ログイン

パスワードを忘れた場合はこちら
アカウントをお持ちでない場合

新規登録

新規登録

すでにアカウントがある場合

Forgot Password


ノート (作品解説)

Sidebar

『師辻惟雄氏への山下裕二氏のオマージュとしての展覧会』奇想の系譜展その2 (2019年2月9日~2019年4月7日)

奇想の系譜展に先月に引き続き行きました。後期作品を見るためです。こうした行動は、私としては珍しいです。と、格好のよい言い方をしましたが、何のことはありません・・・白状すれば、会期の中に二度シルバーデーが入っていたから。 先月(その1)でも書いたように、辻惟雄氏が『奇想の系譜』を表された時代に於いては、今回の6人は『奇想』だったわけですが、若冲見て「いいなぁ」と思った私にとって、「奇想」こそが日本画なのです。だから、今回はわくわくで二度も見に行きました。これは本当の話。 ところで、日美や直前の日に若冲クイズ特番が放送された影響か、当日は大混雑でした。前回よりも少し早い時間に行ったにもかかわらず、順番はその三倍以上も後の方でした。開門時には相当の長蛇の列になっておりました。今回私たちは12時前には東京都美術館を後にしましたが(前期で見た作品はさらっと飛ばしたので)、その時の待ち時間は40分でした。私もそうでしたが、何でも良いから、きっかけが大事だと思います。でも、今回の会場は比較的会話なども小さな声で、落ち着いて鑑賞が出来ました。 余談ですが、この日は上野動物園の開園記念日(無料公開日)とも重なり、上野には二つの列が早朝出来ておりました。 今回の目玉は、会期の後半に出品された、曾我蕭白『群仙図屏風(文化庁)』だと決めて見に行きました。これだけ有名な作品でも、重文。まだまだ一般的にはアウトローは『奇想』であることには変わりの無いということなんでしょうか。ちなみに、国宝の画家は岩佐又兵衛(『洛中洛外図屏風』)だけです。又兵衛は重文指定の作品も多く、8人の中では群を抜いています。 なお。今回もこのページの規格に従って3つの作品を選んびましたが、前回を含めて私のベスト6と言う訳では無く、後期出品作を中心に選んだ3作品です。とはいえ、やはり曾我蕭白のインパクト度は強かったのかも知れません。 メインの写真はパンフから。

曾我蕭白『群仙図屏風(文化庁)』

展覧会ウェブページには、「辻惟雄氏が『奇想の系譜』を執筆するひとつの契機となった。」とある作品。つまり、元祖奇想のような作品と言うことになると思います。図録の解説も、「辻」とあるので、辻惟雄氏ご本人が書かれているのかと。 実は、曾我蕭白『群仙図屏風(文化庁)』とタイトルに書いたのには、訳があります。 今回もう一幅、同じタイトルの東京芸術大学所蔵の水墨画が出品されていたからです。 さて作品ですが、8人の仙人が描かれている。仙人がそれぞれ誰なのか、確定しているものもあるがそうでないものもあるらしい。私でも納得がいくのが、蝦蟇仙人。この蝦蟇ですが、単に白く描かれているわけでは無いのです。大仏の螺髪(らほつ)のように点描で胡粉が乗せられています。8仙人それぞれが異なった技法で描かれているように思われました。また先に述べた東京芸術大学所有のものは僅かに3仙人しか描かれていません。また両者で重複しているのは西王母のみ(文化庁のは左端、芸大のは右端に位置する)。 いずれにせよ圧倒的な迫力で迫る。両者とも曾我蕭白のすごさが素人目にも伝わる作品と思いました。 画像は、パンフから。

伊藤若冲『達磨図』

今回、幾つかの達磨図が出品されておりました。伊藤若冲、岩佐又兵衛、白隠慧鶴です。白隠慧鶴は沢山の達磨図を描いており、今回も3点ほど見ることが出来ました。 その中で、一番気に入ったのが伊藤若冲『達磨図』です。胸毛など毛の部分は細かい線で表されておりますが、その他は比較的おおらかな形で表されていています。しかも、目の黒い部分が左右では無く、上目遣いのようでも有り、天を見ているようでもあり、難題に対して思考している(チコちゃんに叱られる!によると人は難題に向かうと上を向くそうです)ようでもあります。悟りに至る姿と言ってもよいかも知れません。 朱の部分も衰えること無く残っていて保存状態も良い感じでした。画像は、所有するミホミュージアムのホームページからの直接引用。将来リンク切れになっていたらごめんなさい。

曾我蕭白『柳下鬼女図屏風』と『美人図』

ともに、後期の展示です。美人図は曾我蕭白のコーナーの最後に飾られておりました。 美人図ですが、単なる美人というのでは無く、狂女のごとき姿を描いています。別れの手紙なのか、訃報を知らせる手紙なのか、折り畳められた状態で割いて、暖簾状にして一端を口にくわえたなびかせている。よく分からないが着物が水墨画風で高級なしつらえのようにに思える。それが乱れた格好になって、余計に彼女の狂った感を高めていると思いました。        柳下鬼女図屏風の方は、既に鬼女と言うことになっている(やはり男に捨てられた女との趣旨の図録の解説がある)。もはや人間界のものでは無い風体。頭には角がある。何故か、頭部だけが異形の姿で表されている。頭部は双眼鏡で覗いてもそう定かでは無いが、キュビズムの表現にも見えなくも無い。   写真は『ネット美術館「アートまとめん」』からの図を拡大した『柳下鬼女図屏風』の一部。この写真自体が何かの図録の引用のようでブツブツ感があるが、これが一番頭部の写真として拡大できた。


ノートを削除しますか?

一度削除すると元に戻すことはできません。