フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展

2016/01/14 - 2016/03/31

  • フェルメールとレンブラント

    さすがに混雑してました!目玉はやはりフェルメールの水差しを持つ女。部屋に日差しが差し込む光の表現と青の色使いには見入ってしまいます。

  • フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展

    作品点数は60点と、通常の展覧会に比較すると少ないのですが、1つ1つが良品で見ごたえがありました。フェルメール、レンブラント等、個別の画家の名前と作品はよく知っているつもりでしたが、美術史の中で「17世紀のオランダ画家」としての位置付けがいまひとつ理解できていなかったので、そういう意味ではとても勉強になりました。 風景画、海洋画、静物画、肖像画とジャンル毎の展示。特に面白かったのは「建築画家」で、実は今までそういうジャンルがあることを知りませんでした。風景画とは言わず、建物を描くのは建築画家なんだ…。主として教会内を描いているのですが、実物に忠実に描く画家もいれば、空想で装飾しちゃう画家もいたということで、なんだか自由で良いものだなと思いました。教会といえば荘厳なイメージしかなかったんですが、当時の教会が、社交場というか意外と気軽な場所だった様子も垣間見えて、実に興味深かったです。 フェルメール、レンブラントは、作品がそれぞれ1つしかなかったのですが、やはりというか、纏う空気感が違ったように思えます。近づいて見ると割と筆跡が見えたりするんですが、にもかかわらず、物の質感の表現が抜群だと思いました。 平日夜だったので、仕事帰りの会社員の方が多かったです(私もそうです)。こういうのリフレッシュになって良いですよね。