ミュシャ展

2017/03/08 - 2017/06/05

  • 故郷への愛はでかかった

    故郷への愛と平和への願いを形にすると、こんなにでかくなるのかも。神話の時代の圧倒的な感じからウルウルし始めて、平和の時代の暖かい色使いの絵に胸がいっぱいになりました。 習作も展示されてましたが、こちらにはユーモアを感じました。愛に溢れる人だったんですね、きっと。

  • 生きてて良かった

    スラヴ叙事詩の作品群、冒頭から圧倒的な大きさと作品に込められたメッセージに、ただひれ伏すのみ。 冒頭の不穏な空気感から、光に溢れたラストまで、ミュシャのあまり知られる事がなかった一面を見る事が出来る。 この大きな絵が海を渡って来るなんて、思ってもみなかった。生きてて良かった

  • ミュシャ展

    雨天ながら日曜ということもあり、そこそこの混み具合。チケット購入に10分程度並びましたが、入場時はスムーズでした。 壮大且つ繊細な作品は皆さんが圧巻と評する通り。かなりのインパクト。 しかし、あくまで私の個人的な趣味嗜好という部分では「う~ん、、、」でした(笑)

  • ミュシャ展 2017

    ミュシャ展2017 国立新美術館にて。金曜仕事終わり、空いてはいないが展示スペースが広いため気にならないレベル。 スラヴ叙事詩、素晴らしい。壮大、優麗、幻想的空間。入ってすぐ、巨大な作品の井戸の底に落とされ、感動も束の間、畏怖の感情に支配された。 今回はとにかく巨大なので、ひたすら見上げることになった。細部を見るのに単眼鏡は必須である。 スラヴ叙事詩の作品群の中で最も印象的だったのが、恐怖の表情でこちらに何かを訴えかけている女性だ。とにかく目が怖く、戦争の狂気から一刻も早く逃れたいという切迫した思いを感じさせる。

  • ミュシャ展 スラヴ叙事詩

    念願のミュシャ展のスラヴ叙事詩を見に行ってきました。やはり圧巻は入ってすぐに登場する「スラヴ叙事詩」でした。 6m×8mの作品は盛大で、いつものミュシャとは違った絵のタッチでとても印象的でした。写真の撮れるスペースもあり、特別感のある展示になっています。後半はいつものイラストチックな展示で親しみやすい展示となっています。 期間 2017年3月8日(水)ー 6月5日(月) 場所 国立新美術館 企画展示室2E