ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝—ボスを超えて—

2017/04/18 - 2017/07/02

  • 今更バベルの塔展行ってきました。

    今更バベルの塔を見に行ってきました。 ボスとブリューゲルがそろうなんてこの機会を逃す手はありません!! 「バベルの塔」すごいです。鳥肌たちます。 3倍デジタル模写では感じないあの感じ。 本物はすごい。 芸大の立体バベルの塔は、もう少し作りこんでほしかった。 JR上野駅ナカのレゴ製バベルの塔は感動しました(笑)。

  • ブリューゲル「バベルの塔」展

    東京都美術館♪ まず、最初に彫刻が!作者不詳なんですが、展示の仕方の影響もあるんでしょうけど、4体のラテン教父に惹き付けられました! そして奇想の画家ヒエロニムス・ボス! 今っぽい~♪想像が、キャラクターが面白い!その発想力が様々な画家へ影響してる証拠に沢山の模倣作品が…! …そして、ついにブリューゲルに繋がり、ブリューゲルによってそのボス風発想力が更に研ぎ澄まされて完成されていく過程を観ていく流れで感じて…美術館なのに何かのアトラクションのようなワクワクが楽しかったです! そして最後の最後に「バベルの塔」! え?!こんなに小さいの?!それなのに壮大で、それなのにこんなに緻密で…。 ミュシャのスラブ叙事詩の大きさに「どうやって描いたんだろう?!」と思ったんですが、バベルの塔もまた小さいのに「どうやって描いたんだろう?!」と衝撃を受けました! 東京藝術大学の300%拡大複製画・別室の映像が更に原画の凄さを膨らませてくれました! すごかった!の一言です!!

  • ブリューゲル「バベルの塔」展 BABEL

    ボイマンス美術館所蔵のブリューゲル「バベルの塔」展を観てまいりました。土曜日の夕方くらいに訪れましたが、雨が降っていたのにかかわらず、結構混んでいました。 数年前にウィーン美術史美術館にあるもう一つの「バベルの塔」を観ましたが、サイズ感や色彩も若干違い、空想的なイメージが強くありましたが、今回のボイマンス美術館所蔵の展示では現実に近い建築物の様に感じられました。それは東京藝術大学の特別協力により芸術と科学技術の融合させた原寸を約300%拡大したブリューゲル「バベルの塔」の複製画が展示されていたからです。また、「バベルの塔」の3DCG動画も大画面で視聴できるので、非常に魅力的な展示となっています。 さらにブリューゲルだけではなく、彼が手本とした先駆者ヒエロニムス・ボスの作品や、16世紀ネーデルラントの絵画、彫刻などボリュームがあり非常に見応えがあると思います。 会期 2017年4月18日(火)~7月2日(日) 会場 東京都美術館 休館日 月曜日 ※ただし、5月1日(月)は開館 開館時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで) 毎週金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)