開館120周年記念 特別展覧会 国宝(京都)

2017/10/03 - 2017/11/26

  • 『国宝に酔う その圧倒する力』京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会 国宝展(2017年10月3日~11月26日)

    関西遠征2日目、朝早くから京都国立博物館へ。ここも初めて。開館1時間前、既にかなりの列が出来ていました。というか、すさまじいい人の数。驚きました。そして、もう少し早くホテルを出るべきだったとも。 金印をいつ見たか?トウハクの国宝展だったような・・・ここにすごい列が出来ておりました。その金印に目もくれず目指したのは、土偶。縄文のビーナスと仮面のビーナスとあざながつけられている二体を見ました。ですが、ほとんど皆目もくれない様子なので、ゆっくりじっくり見れたのはラッキー。著名な作者の作品では無いが、我々の祖先を知る上では貴重な2体でした。 絵画で印象に残ったのは、如拙の瓢鮎図。瓢箪で鯰をおさえとることができるか・・・と言うのがテーマの作品。この作品だけで本が出来ているほどの名品。例外的だと言うことだが、31編の高僧達らの賛文は歴史的にも価値あるモノだと思いました。中学校の教科書にも載っているとか? 正直、国宝だらけ(って当たり前ですが)で疲れました。なんか、国宝に魂を吸い取られるような感じのする展覧会でした。 それだけのパワーを持った作品ばかりだった・・・そう思います。というか、此は私的な能力の問題ですが、一度で見せられても消化しきれなかったというのが偽らざるところです。 図録は高いこともあるけれど、数センチの厚さが有り、このあと三尾に行ったので、重くなるといけないので断念しました。でも遠征して良かったと思います。