ムンク展―共鳴する魂の叫び

2018/10/27 - 2019/01/20

  • 『<叫び><マドンナ> 再び』ムンク展 (2018年10月27日~2019年1月20日)

    「叫び」来日を心待ちにしていた。第三水曜日、東京都美術館の65才以上無料観覧日に出かけた。若冲の時とは言わぬが、あと二回チャンスがあるにも関わらず、長蛇の列に。前回前々回の「藤田嗣治」「プーシキン」よりシルバーデー的には人気が。出遅れた感はあったが、「叫び」の部屋に急いだ。 「叫び」は、近くで見る人は列をとめないようにして前列で鑑賞、じっくり見たい人はその後ろで鑑賞という形。我々が最初見た時には、列もほとんど無く、後方でかぶりつき状態で鑑賞出来た。11時過ぎに見に行くと、やはり相当の混雑に。叫びの中では一番新しい作品か。 盗難の過程で傷つけられた作品と言うが、素人目には全く分からなかった(後に日美で見ると顔の辺りに傷があったがこれか?)。同じ場所に「絶望」もあった。何れも外との隔絶感は漂ってはいたが、叫びは未だ生命感が残っている感じで、絶望はもはや奈落の底で夾雑物としての音さえ聞こえないという風だった。 「マドンナ」は怖い絵展以来の対面。マドンナは油彩画と石版画のバージョンがある。個人的には前者の方が早いと思っている。すべて石版画のバージョンが来ている。怖い絵展の大原のものもインパクトがあるが、恐らく初期と思われるモノクロームの作品が一段とおどろおどろしかった。会場には石版のメインのモノクロームの部分を描いた石版が来ていた。これは面白いことに、「吸血鬼Ⅱ」と表裏をなしていた。英語版wikiでは、「According to Peter Day, it is a potentially vampiric figure. 」とあるが、あたっているのかも。 怖い絵展の会場で買った2018年のカレンダーの11/12月分は、大原のマドンナが採用されている。その解説にもあるが、ムンクはいわゆるムンク事件以降「狂気も消えたが芸術的才能も薄らいだ」とする説がある。 しかし、最後の写真の「星月夜」をみて、やはりいささかの狂気を感じざるを得ない。会場の観客の一人が、ゴッホの「星降る夜」を想起していた。その感じが当てはまるかどうかは別として、寄り添う二人のどこかやるせなさを互いにかばっている姿や、煌々と照らし出された夜空に漂う説明しがたい不安感は共通のモノのように感じた。 一番目の写真はパンフから、それ以外は朝日新聞の号外から。(画に線が入って光の具合もおかしいのは勘弁願いたい。)

  • ムンク展2018

    ムンク展行ってきた やっぱ叫びは見とかなくちゃね。 最前列で叫びを見るには列に並ぶ必要がある。でも立ち止まれないので2、3分で正面に着く。 様々な作品見て思ったのは、かなり印象派画家の影響受けてるなあってこと。ゴーギャンっぽいのとかセザンヌっぽいのとかゴッホっぽい画風の作品があった気がする。星月夜は幻想的で美しかったなあ。 あと太陽と水面に映る長い反射光が印象に残ってゐる。