特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

2019/03/26 - 2019/06/02

  • 『立体曼荼羅の世界にもう少し近づきたかった』国宝東寺~空海と仏像曼荼羅~ (2019年3月26日~6月2日)

    平成最後の日、東京国立博物館平成館に向かった。 平成から令和へ変わる祝賀行事関連で10連休になった今年のゴールデンウイーク中で、しかも日美直後で心配したが、混雑はしていたが、大混雑というものではなかった。 今回の特別展のタイトルは国宝東寺。東寺には81点の国宝があるという(日美)。タイトルは矛盾していない。 そして今回の目玉はやはり、立体曼荼羅。我々もルール違反かも知れないが、まずのその部屋(一番最後の展示室)に足を運んだ。 立体曼荼羅は、二次元の曼荼羅の世界を、三次元的に表して、より密教を庶民に分かりやすくしたものと言うことが出来るのだろう。しかしながら、それ故にその展示にいささか疑問が。大日如来が来なかったのは致し方のないこととは言え、東寺の実際の配置からはいささか配置を異にしていた。例えば五智如来。部屋の奥の長辺に大日如来の写真画像を中心に一列に並べられていた。本来は大日を中心にして4体の仏が衛星のように配置されているはず。 もちろん、縦横無尽に背面からも見ることを可能にしていたし、鑑賞者に配慮したそれなりのゆったりとしたスペースも確保されていたが、しかし立体曼荼羅を見る(感じる)という観点からは不十分だったように思う。解説も柱に多くは4体が一カ所の貼り付けられていて、参考にするのも不便だった。(写真2枚目は東寺講堂内の配置。赤★が今回非展示。) 文句を言わず、東寺に足を運べと言うことだろう。^ 今ひとつ分からなかったのは、光背が何故か多くの仏像で外されての展示だったこと。万が一のことを考えてのことかと思うが、少し悔やまれた。仏像を仏像史的にあるいは美術史的に見た場合に、特に疑問が残るのでは。 写真4枚目は「降三世明王立像」で、邪鬼のごとくになっているのはシバ神とその妻。wikiには、『降三世はサンスクリット語で、トライローキヤ・ヴィジャヤ(三界の勝利者 Trailokyavijaya)といい、正確には「三千世界の支配者シヴァを倒した勝利者」の意味。 』とある。宗教抗争の影が見て取れる。立体曼荼羅の部屋では一番興味深かった。 立体曼荼羅以外では、後七日御修法(ごしちにちみしほ)関連資料や空海から最澄に宛てた手紙などを興味深く見た。 写真1枚目はパンフから、2と4は東寺のウェブページから、3枚目はこの像だけ写真撮影が許容されていたので実写。